福岡県北九州市のリフォーム・一戸建て専門店ヤマトホーム

断熱について

CW断熱について

01
02

 

今までの日本で流通しているウレタン・グラスウール等の断熱材は保温性能に優れ冬は暖かいのですが、遮熱効果ができないため夏の暑さは基本的には防げません。

むしろ蓄熱作用により熱帯夜に拍車を掛ける要因のひとつでした。
また、アルミ熱線反射材は熱線(赤外線)を反射し、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、また結露の可能性も心配されていました。
そこで、この2つの互いに相反する性質を複合させることにより、互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのがCW断熱です。

 

03

 

さらに、ウレタン現場発泡によりほぼ完璧な気密性能が期待できます。また、防音性能に優れ、結露が発生しにくいことも実証されております。安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。
ウレタン厚さを変えることにより、日本全国の地域に対応でき、公庫融資基準、次世代省エネ基準も対応できます。

すなわち、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。

 

CW断熱工法の特徴

WS000166 (2)

施工実例

 

アルミ遮熱材(反射材料)取付け

img_01 img_02

現場発泡ウレタン吹付

img_03 img_04

CW断熱 完成

img_05 img_06

CW断熱

●目的/断熱・遮熱・保湿等を必要とする箇所に使用し、住環境改善および、省エネ、結露対策、温熱環境改善を目的とする。
●使用箇所/主に、外壁・屋根・天井など、屋内と屋外の境目となる箇所。
●効果/熱移動の種類は、対流熱、伝導熱、幅射熱の3種類があり、アルミ遮熱材と現場発砲ウレタン吹付けを組み合わせて、断熱・遮熱・保湿・気密・結露対策の性能を発揮する。

下記の表のとおり個々の材料の欠点をおぎなう高性能の断熱・遮熱工法といえます。

05